適材適所の人材配置を実現します!

人材管理システムで社員情報をデータベース化


適切な人材配置のためには、さまざまな側面から社員を分析する必要があります。社員の経歴や保有資格、適性などの基本的な情報や業務実績、過去の人事評価の結果などが材料になりますが、それだけでも膨大な情報量になります。それ以外にも、本人の希望や現在のポジション、新たに身に付けているスキルから見える将来的なポテンシャルも見極めなければなりません。人事管理システムは、すべての社員について社員ごとの細かい情報を一元的に蓄積することができます。一つのシステムに集められた情報を基に社員の能力やスキルを分析できるため、より客観的で精度の高い人事配置が可能になるのです。現状の人事配置もわかりやすく可視化できるため、人事異動や組織編成の検討も容易になります。

人材管理システムで社内の情報共有化


適材適所の人事配置を行うには、社員についての多種多様な情報が必要です。それらを人事部門だけで一つ一つ集約したり、処理したりするには膨大な工数を要します。人事管理システムを活用すれば、全社員が直接システムに情報を入力することができます。例えば、目標や業務実績、参加した研修などの入力は個々の社員で行えますし、評価などは各部門のマネージャーの入力で済ませられます。これにより、人事部門の作業工数は大幅に削減できますし、経営層はいつでも人事関連の状況を把握することができます。システム内のすべての社員情報を人事、各部門のマネージャー、経営層が共有できるため、人材配置が必要なときの検討にも大きく役立てられるのです。