システムの使いやすさを確認しましょう!

求めている機能を全て備えているか確認しよう


人材管理ソフトには様々な機能が備わっていますが、どんな機能に特化しているかはそれぞれ異なります。自分たちが使う時に必要な機能を備えたものを選びましょう。契約を終えてから「求めている機能が備わっていなくて困る」という事態にならないように注意したいものです。また、操作がしやすく、画面が見やすいものを選ぶことも大切です。そうすると作業の効率化に繋がり、要領良く仕事を終えることができます。初心者でも簡単に操作ができる人材管理ソフトもあるので、そういったものを選ぶと幅広い年代で使いやすくなります。ニーズに合う機能が付いていて、使いやすく作業がしやすいソフトかどうかを確認しましょう。おすすめなのは、データを出力する時にエクセルが使用できるものです。エクセルは使い慣れている人が多いので、資料や分析データを使用する場合に大いに役立ちます。

マイナンバー対応の方が使い勝手が良い


意外と見落としがちですが、マイナンバーに対応している人材管理ソフトかどうかは必ず確認したいポイントです。といっても、今の時代にマイナンバーに対応していないソフトを探す方が難しいですからそれほど慎重になる必要はありませんが、予め確認だけはしておきましょう。また、マイナンバーをどういった風に扱えば良いか把握しておくことも大切です。ソフトによっては、派遣スタッフごとにマイナンバーを集めて保管できるものもあります。マイナンバーは重要な個人情報ですから、くれぐれも情報漏洩がないようにセキュリティの高いソフトを導入しましょう。契約を考えている人材管理ソフトがセキュリティ管理をきっちり行えるものか確認しておくと安心です。このような点に注意してソフトを選べば、失敗せずに使いやすいものが見つけられるでしょう。